板東収容所

10月7日の朝日新聞に、次のような事が書かれていました。

17階建てのビルに中古家電や携帯電話を商う店と安宿がひしめく。廊下にたむろするのは大勢のタンザニア人たち。香港に滞在中、地元の人々が魔窟と呼ぶ雑居ビル「重慶大ヵ」を訪ねたことがある。文化人類学者の小川さやかさんは、このビルに通いつめ、移民社会を回すお金の仕組みを解き明かした。とか。

不法滞在の問題で頭を痛めている。外国からの非難も多い。

この解決策をこの文章に見出したのですが。

鳴門に板東収容所があったように、長崎に出島があったように、場所を決めて、そこに収容できないかと思ったのですが。

もう1つ、ミャンマーやアフガニスタン、北朝鮮の大使に元自衛隊員がなったらいかがですか。軍事政権には軍を知っている人が大使になればよいと思ったのですが。

タグ

2021年10月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

タリバンとヤクザ

今日の朝日新聞に、元駐留軍通訳、身隠し転々、という記事が出ていました。「タリバンに追われている。いま安全な場所を探しているところだ」とか。

タリバンにそのような執着心はない。ただ彼は情報に振り回されているだけだ、と私は断言する。

私は若い頃、よくもてた。

誰か、2人の競争によって、私は結婚もできないでいると思っていた。

ヤクザにも会ったことがあるので、もう一人はヤクザか、と思って、そのように書いた。

そうすると誰かが、ヤクザにそのような執着心はないと言った。それでは誰なのかを一生懸命考えた末の結論がユダヤだった。

私はユダヤを知ってから、誰も信用できなくなった。親兄弟もである。

私の伯父、横川信義は英文毎日の論説を書いていた。彼の反ユダヤ的思想はイギリス特派員時代に培われたものだろうと思う。しかし、私から見ると、伯父は本当のユダヤを知らない。

伯父は若い頃、良い条件で引き抜きにあった。彼の代わりに義理の弟がその会社へ行った。活躍していたようだが、まもなくその会社は倒産した。これも、伯父に英文毎日をやめさせるための謀略だったと考えている。

伯父はぼやいていた。彼の論説を直す外人がいるのだと。間違っていない英文を間違っていると言って、直すのだと。

ユダヤの恐ろしいところは、反ユダヤ的系図を切ることにある。

ユダヤの考え方は、男子には男子の遺伝子が伝わり、女子には女子の遺伝子が伝わるようである。

だから、伯父の2人の男子は皆死んだ。女子だったら生き残っていたかもしれない。

私は男子を生んだから、子孫も残せた。もしも女子だったら、子供ができなかったかもしれない。

私の母にも、その遺伝子があると思っているようだ。だから私の姉妹の女子には子供が生まれていない。男の子が一人だけいるが。

タグ

2021年10月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

このページの先頭へ