安倍元首相の国葬に反対!

この写真も淡路島の花博記念公園です。

朝日新聞、旧統一教会 440議員が接点とか。

75%の国民が統一教会と政治との関係は清算できないだろうとも答えている。

国家公安委員会も裁判も信用できない中で、それでも絶望しないで、安倍元首相の国葬に反対の裁判を続ける弁護士たちには頭が下がる。

史料から考える日米開戦、国滅ぼす選択、なぜ!という古い新聞記事を見て、昔も今も、と考えるのは私だけだろうか?

誰もが統一教会は外国のカルトと知っていながら、どうにもならない。日本の政治を周辺から浸食していく。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2022年9月6日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:ブログ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 竹田眞司 より:

    安倍元首相の国葬には反対である、安倍元首相は森友学園問題では誠意の対応をしなく嘘を言って、財務省の職員の赤木さんはその嘘のとうりに公文書の書き換えをさせられてその苦しみから自殺した、加計学園問題や桜を見る会などでも誠意の対応をしなく嘘を言い続けた、北方領土返還においては、日本は1951年のサンフランシスコ条約で千島列島と南樺太を放棄したことになっているが、ロシアはアメリカ軍が日本に駐留していることを理由に千島列島と南樺太の放棄を受け入れなかったのであり、千島列島と南樺太は今も日本の領土のままである、ロシアに北方領土の北千島までの返還を言うのとサンフランシスコ条約の当事国たちには北千島までと南樺太は日本の領土のままであることの確認をすることが政治家として非常に大事な仕事であるのに、安倍元首相は北方領土の2島返還を行おうとしたことはとんでもないことであり、大事な大事な領土上の200カイリや海底資源や漁業や領空権などいろいろな権利がありいろいろな資源が豊富な他の島々をただロシアに渡すことになり、尖閣諸島を中国に渡すのと同じことそれよりももっと悪いことをやろうとしていた者であって、国益をだめにする国賊であって国葬にはふさわしくないのは当たり前である国民人々たちの大事な大事な税金の無駄遣いである、安倍元首相を殺害した山上徹也が犯罪者になる前から旧統一教会は安倍元首相などの政治家と深い関係があり、霊感商法などで国民人々たちの大事なお金をだまして集めて社会的な問題になると、社会から目をそらせるために名称変更を文化庁に申請したが認められなかったが、安倍内閣の文化庁が所属する文部科学大臣が名称変更を認めて旧統一教会は国民人々たちからますますだまして寄付をさせるようにして、国民人々たちは破産したりや家族が崩壊して日本をだめにしていった、旧統一教会の本部は韓国であり、日本の政治家たちが山上徹也を犯罪者に仕立ててしまったところもあるのである、政治家たちが早い時期に旧統一教会問題に取り組んでいたら山上徹也も犯罪者にならなくていかったところもあるのである、

    北海道上川郡東川町新栄南1丁目14-1  竹田眞司


コメントをどうぞ

このページの先頭へ