豚の餌

先日の私の朝食です。写真の梨1個と柿1個とバナナ1個を切って丼いっぱいになりました。

隣のアボガドにも梨と柿を入れました。その上にヨーグルトと甘酒と生姜をすり込んだ蜂蜜をかけました。

こんな朝食が一番のぜいたくです。母豚も喜んだろうに、こんな朝食を食べさせたことはなかった。

日本は米国の言う通り、韓国に輸出規制をかけた。後は韓国と米国の問題だと高をくくっているようですが、本当にそれでよいのでしょうか。

韓国の言う通り、韓国は日本の安保の防波堤です。日本の防衛費が少なくて済んでいるのも韓国のおかげです。

米国は韓国に無理難題を突き付けて韓国を締め上げている。日本はそれを他人事だと思っている。しかし、韓国の次は日本ですよ。野党も含めて無関心なのは納得できない。

韓国はTPPに入っていない。ということは、米国は韓国を置き去りにしようとしている。再び東西冷戦の時代が来るかもしれない。米国だけが北朝鮮と良い関係になり、日本も韓国も置き去りです。東アジアを米国の戦略に任せて良いのですか。なぜ韓国を助けない!野党に絶望です。野党よ!動け!

タグ

2019年11月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

豚の金と権力

今朝の事、鉢植えにしていた鉢が5つのうち3個ひっくり返っていました。豚の仕業だな~とすぐに思いました。

豚が豚とケンカしても始まらない、こんな被害で良かった、と考えると腹も立たなくなります。

11月16日の社説で、日韓情報協定、文政権は破棄の撤回を、と言っている。しかし、仕掛けたのは日本、文政権が日本の輸出規制強化の撤廃をしないかぎり応じないのは当然のことだと思う。

どんな金持ちでも、どんな権力を持っていても豚はブタ。

豚同士がケンカして何になる・・・と思うのだが。

金や権力を握ると豚が豚とは思わないらしい。

豚はブタらしい自立した生き方を模索したら~と思うのですが。

タグ

2019年11月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

敬老会

9月16日に三縄小学校の体育館で開催された敬老会の写真です。

前の舞台でハワイアンを踊っています。3年前までは婦人会が踊っていましたが、三縄婦人会が解散して、セミプロのボランティアに頼んでいました。77才以上の敬老会対象者320名のうち出席者は107名だったようです。

体育館にブルーシートを敷いて机を公民館から運んでと、準備には多くの人の手を借りています。

今日の新聞に「死刑になってもいい」と京都アニメーション第1スタジオで36人が死亡した放火殺人事件で、全身にやけどを負って入院中の容疑者が言ったとか。

私は、この事件は明らかなテロだと思っています。

テロならば、容疑者とは別の真犯人がいるはずです。

死刑にもせず、裁判にもかけず、しばらく飼っておくべきだと考えます。

豚も年を取るとそれなりの分別が出来るようになり、死んでも良いと思うような良い経験をしたかどうか、しゃべるようになると思うのですが。彼の経験をもとに、真犯人はわからなくとも、対策は立てられるかもしれません。

タグ

2019年11月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

経済交流

今年9月29日に開催された三縄小学校及び三縄地区運動会で小学生が開会の行進をしている写真です。3年前から合同でするようになりました。右手に見えるのが三縄小学校校舎です。

紅組と白組に分かれて競っていました。

今日の朝日新聞に「北方4島・経済交流拡大へ努力を」という社説が載っていました。

私は北方4島を返してもらうために北方4島との経済交流をという意見には反対です。

北方4島を返してもらうためには、むしろウラジオストクなどとの経済交流をするべきだと考えます。

日本でもわかるとうり、離島の経営には金がかかる。ほっておいたらさびれるのは必然です。それを待って交渉するのが普通の考え方です。離島をさびれさせるためには、ウラジオストクを繁盛させることです。ウラジオストクと一緒に離島も繁盛するかもしれませんが一時的で、離島から繁盛するウラジオストクへ行くのが普通です。

タグ

2019年11月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

情報収集船

自宅に今年もホトトギスの花が咲いていました。一緒に咲いているのはミズヒキ・ネジバナです。

自衛隊派遣・実現に難題とか。中東地域に情報収集を目的とした自衛隊を日本が独自派遣するという話、私は密かにほくそ笑んでいました。米軍は困るだろうな~と。

情報収集船は存在しているだけで良いのです。難しいことは一つもない。レーダーを見て、どこからドローンが飛んで来たのか、ロケット弾はどこから飛んで来たのか監視し公開するだけで良い。漁船がどこからどこへ行くのか、見ているだけで良い。攻撃されたら逃げるだけで良い。そんな理想的な平和への貢献を躊躇する必要はないと思うのですが。

タグ

2019年11月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

首里城消失はテロか?

1か月に1回料理教室に行っています。写真はその時の献立です。

左の大皿には、豚肉とサツマイモのバター炒め、真ん中がえのきと青菜の和え物、左がベーコンとジャガイモのスープ煮です。10時に始めて11時には出来上がります。食事を終えて11時半には帰ります。とにかく手早いんです。

沖縄の首里城が全焼したのだとか。まだ原因はわかっていないようです。

米国ではカリフォルニアの山林火災がプラズマによる人為的火災ではないかという意見があります。日本で発明されたプラズマが米国では兵器として開発されているそうです。

プラズマにはマイクロ波によるものとレーザーによるものがあるそうです。沖縄の首里城が、もしもプラズマによる人為的火災だったならば、どこにでも人為的に起こせます。保守・野党と争っているときではないと思いませんか。日本人が一丸となって対処すべき時に来ています。東アジアにもISが来るという予言もあります。ISの名のもとにそこかしこにテロを起こされないために、きっちりとした情報収集をよろしくお願いします。

誰が、どこから、という情報さえ得られれば、そして不確かな情報でも良いから、やんわりと公開すれば、テロは防げます。

まず、首里城が燃えている動画を流した犯人を確認してほしいものです。おそらく現場近くにいたはずです。

タグ

2019年11月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

慰安婦少女像

以前、その標語に感動した、と言って撮った写真のその後です。

看板が新しくなっていました。しかし標語は以前の方がずっとよかった。

やはり日本人は劣化しているのだろうか。

米首都ワシントン郊外に5体目の慰安婦像が設置されたとか。こういうのは無視するのが一番、お金もかかるだろうに、ご苦労なこった、とねぎらいましょう。

アンデルセン童話に子供がお菓子の家をみつけ、魔女にあやうく食べられそうになった、という話があります。

あれは実話に基づく話ではないだろうかと、フット思いました。

ユダヤ教にタルムードという聖典があるのだそうです。その中にユダヤ人以外の人間はブタだと書いているそうです。実際に人間の子供の肉を塩漬けにして、豚肉だと称して売っていたのではないかとフット思ったのです。イスラム教創始者のマホメットは、それを知っていて、豚肉は食べるな!という経典をつくった、何だか、つじつまがあうと思いませんか。

タグ

2019年10月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

女王蜂

この女王蜂には長い長い物語があります。

春だったか、自宅の雨戸の戸袋の下に巣を作っているのを見つけました。スプレー缶の殺虫剤を3夜ほどスプレーしました。

もう死んでしまったと思っていました。

夏、同じ場所に、また巣を作っていました。

やっぱり同じスプレー缶殺虫剤でスプレーして巣を取り除きました。

今度こそ死んだと思っていました。

気が付くと、天気の良い日、ガラス戸と網戸の間に夫婦そろって写真のように止まっていました。

しばらくすると、写真のように女王蜂1匹になりました。今は、その女王蜂もいませんが、怖くてそのガラス戸は夏以降開けたことはありません。

今日の朝日新聞で、きのう経産相を辞任した菅原一秀衆議院議員は脱原発を掲げていたことを知りました。検察改革をしようとした韓国のチョ・グク法相を思い起こします。チョ・グク法相も野党によって潰された。

野党は「小異を捨てて大同につく」ということを知らないらしい。それとも野党はマリオネットか!

韓国の文在寅大統領を、なぜ日本政府は支援しないのか、とはがゆい思いをしていました。しかし日本の野党も日本政府と同じことをしていることに、絶望を感じます。しかし、あの女王蜂のように、死んだのかと思っていたら、まだ生きている、そういう人生を歩まねばならないのだと蜂に教えられます。

タグ

2019年10月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

ハザール王国

ついにセンダンの木を伐りました。家の敷地の入口に自然に生えていた木です。

何年も前から何人もの人から「切れ!切れ!」と言われていた木です。

「邪魔にならないから。切ろうと思えば、いつでも切れる」という理由で耳をかしませんでした。

ご親切に、前から気になっていた、というご近所さんが、当然のごとく、切ってくれたのです。おかげ様で、近所の人は、やっと安心しました。落ち葉などで、迷惑をかけていたようです。

地球温暖化防止、木を植えよう、なんて、そう簡単なことではなさそうです。

7世紀ごろ、コーカサス地方にハザール王国があったそうです。ユダヤ人以外にユダヤ教を採用した初めての王国だとか。現代のユダヤ人の90%はハザール王国の人たちだとか。

私は、ハザール王国は現代の米国のような国だったと推定しています。ハザール王国がユダヤ教を国教とした理由は、ビザンチン帝国やイスラム教国、ロシア国の交易ルートに10%の税金をかけ、巨額の不労所得を得た、その提案・実行者がユダヤ人だったからではないかと考えています。

おそらく、ビザンチン帝国やイスラム教国、ロシア国の交易をしていた過半数は、ユダヤ商人だったと思われます。そういう意味では、ユダヤ人がユダヤ人を搾取していたことになります。

ユダヤ教徒であったイエスキリストは、ラビ(ユダヤ教僧侶)が献金によって過剰な不労所得を得るのは不当だと言って、キリスト教を創設したのだとか。

ハザール王国はロシア国、キプチャク汗国によって滅ぼされたのだとか。米国がロシアや中国を怖れる理由が理解できると思いませんか。

タグ

2019年10月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

検察改革

10月2日の夕方の空です。あんまりきれいだったので、カメラに収めました。遠くに行かなくても、きれいなものや幸せを感じるものは身近に沢山あります。

韓国のチョ・グク法相が辞任したのだとか。検察改革の道筋を付けたからだとか。

日本でも検察に対する批判は多々ある。

日本でも検察改革をしようとすれば、こういうことになるのだろう。韓国から学習することは多い。

ドイツでも叙任権闘争というのがあった。司教や修道院長の任命権をめぐって争ったという。日本ではこの手の争いは激しくなかった。長がすべてを決めて、不満はあっても多勢は従った。これからはそういう闘争になればよいのにと思うのですが。

タグ

2019年10月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

このページの先頭へ