電磁波過敏症

写真はサンポート高松です。駐車場は広く無料で、レストランの食事も美味しかった。

昨日は2級電磁波測定士講座に行ってきました。13時から始まるのに9時に家を出ました。道に迷いながらも着いたのは11時、レストランでゆっくりして、12時半に所定の会議室に行ってみると部屋には鍵がかかっていました。講師が来たのは10分前、受講者は3人でした。愛媛県の男性と徳島市の男性整体師と私でした。

知らなかった、私の家はオールアース住宅のようです。エルマクリーンという交流低圧検電器でどこに近づけても検知しません。

車の中でも検知しませんでした。

全ての家電には、コンセントをつないだだけで電場が、スイッチを入れると磁場が発生するのだとか。電場や磁場を浴び続けると、頭痛、頭部の灼熱感、目のチカチカ、皮膚刺激のような症状が出るのだとか。それを電磁波過敏症と言うのだそうです。

昨日の説明が今になってやっとわかりました。日記はつけてみるものですね。

電磁波について、波長の長い順に、ラジオ派、マイクロ波、赤外線、紫外線、X線、Y線、とあってマイクロ波は赤外線よりも波長が長いから、低エネルギーで体に悪くないのだと私は信じていました。

それは1つの事実ではあるが、それとは別に家電製品の通電時には電場と磁場があり、アースをしておかないと体に悪いという事実があるのだと気づきました。そういえば温熱療法の時も、器械から30cm離すようにと指示されました。

タグ

2019年2月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

架け橋

安倍首相が北朝鮮問題でトランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦したとか。

私は久しぶりの快挙と称えたい。

本当に北朝鮮問題が解決して、トランプ大統領がノーベル平和賞をもらえるように期待したい。

安倍首相を非難する記事が朝日新聞に何度も出たが、私は新聞の論説には納得しない。

北朝鮮問題は米国が積極的に関与しなければ解決できない問題である。米国に解決を促す方法を模索することが最善の策と考える。金も武器もいらない、口先だけの介入で米国が解決しようと思うならば、すばらしい策である。

北朝鮮問題はトランプ大統領の時代にしか解決できないと思っている。ノーベル平和賞で北朝鮮問題を解決できるならば、本当の平和賞である。過去には役に立たなかった平和賞だってあった。

安倍首相でなければできないことと、安倍首相をたたえますが、選挙は過半数で十分、3分の2は多すぎる。国会はねじれているくらいでちょうどいいのです。皆さん野党に投票してください。

沖縄米軍基地の辺野古移設の問題、米国との関係の問題ではなく、国内の利権の問題なのだとか。

金で政治を歪めるのは、金で沖縄県民を愚弄するのは、容認しがたいですね。

利権にまみれた東京五輪も興味ありません。大阪万博も利権の巣のようですね。大阪市民は目覚めないのだろうか。

タグ

2019年2月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

空母ないと困るの?

2月8日の朝日新聞、空母ないと困るの?

空母そのものは攻撃に弱く、単独で行動はできません。1隻の空母に、それを護衛する艦隊が必要で、絶えず訓練や修理をしていなければ、持続的に行動できません。際限なくお金のかかる存在です。

ですから、世界中で、実際に運用できる能力があり、空母を持つ意味のある国は米国以外にないのだとか。

現場では機材や部品、燃料の供給不足が常態化しているそうで、空母導入よりも、足りないものをきちんと手当てすることの方が切実なのだとか。

タグ

2019年2月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

カエル

海ばかり写真に撮ってきました。砂浜にも波間にもプラスチックゴミはありました。地球深部探査船などを作って地球を掘り回るよりも、プラスチックゴミ回収船を作った方が、よほど庶民のためになるのにと思いました。

旅行に行く前に水道の元栓をしめ、検診をしていました。帰って水道の元栓を開けてみると、水を使っていないのに羽がグルグル回りました。針は動いていませんでした。

家に入ってみると電気温水器が壊れていました。メーカーに電話して電気温水器はすぐ直りました。水道メーターの原因は電気温水器だと特定できましたが、それ以上のことはわかりません。電気温水器はいつも残量はフルです。

タグ

2019年2月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

一期一会

彼氏が取ってくれた写真です。宿毛リゾート椰子の湯からJR高知駅まで送ってくれました。元池田の人が紹介してくれました。

宿毛の市会議員を3期して4期目で辞任、県議に出て1期目は通ったのですが、2期目で落選、市長に出て1期したのですが、奥さんが大腸がんで死亡、2期目は出なかったと言う人です。

私はeneco holdings の事を熱く語りました。彼はエマルジョン燃料のことを知っていました。10年前に導入しようと見学に行ったが、話にならなかった、と言っていました。

10年前というと、eneco holdings がエマルジョン燃料を開発して売り出した時期と重なります。そこで考えました。eneco holdings がエマルジョン燃料を売り出した時、雨後の筍のように、エマルジョン燃料を作る会社が増えた。多くの人は偽物に誘導され、エマルジョン燃料は偽物だということになった。

世直し釜の時も、そういうことはあった。伊藤勝造さんは84才、こちらの方が安くて安心だと誘導されたが、私は伊藤勝造さんに電話で確認して、偽物とわかった。

伊藤勝造さんが作った便の消える便器についても、同級生の役場職員に尋ねると、昔そんなのがあったけれども失敗した、うまい話に乗せられたと言って、相手にしてくれなかった。

エマルジョン燃料を普及させるのは難しいと感じた。

ナノバブルで野菜を栽培している話も聞いた。私の家にはナノバブル発生装置のシャワーヘッドがあると言ったら、本当にナノバブルかな、と言われた。そこまで言う人はいなかったので驚いたが、ナノでなくても、ナノに近ければ、十分役目は果たしていると言った。

宇和島の腎臓医についても、彼から聞いた話です。

何でもよく知っていて、彼と一緒なら何でもできるような気がしたのですが、一歩踏み込めなかった。残念なことでした。

タグ

2019年2月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

宿毛リゾート椰子の湯

宇和島の駅です。バス停から撮りました。ここからバスで宿毛まで行きます。2時間ほどのバス旅行です。

宿毛には、池田に住んでいた人が地元に帰って、今・兄弟3人で家を買って一緒に住んでいるそうです。池南にも住んでいたことのある有名な方ですよ。アイヌ語の研究をして、北海道からアイヌ人を呼んだりして活躍していました。「一度宿毛においでよ、良いところよ」と言ってくれたので、本当に行きました。

「宿毛リゾート椰子の湯」というホテルを予約していました。宿毛駅に着いたか、着かないうちに電話がありました。駅からホテルまで車で送ってくれ、ホテルでコーヒーを飲んで別れました。

宿毛リゾート椰子の湯、食事も美味しく、とても良いホテルでした。もう一度訪れたいホテルです。

沖ノ島などという沖縄かと思われる名前の島もあった。釣り客やダイビングの客が多いという。

タグ

2019年2月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

佐田岬半島

佐田岬半島には多くの風力発電が回っていました。船から風車を撮ったつもりなのですが映っていません。20機、4機、10機、2機、12機、と数えました。自然エネルギーの活用をと日頃から考えているので、このような光景を見ると、うれしくてたまりません。

別府~八幡浜航路には女性専用のコーナーがありました。私を含めて4人の女性が、それぞれに寝そべっていました。交通公社が作ってくれた乗換案内書を見て、八幡浜港からJR八幡浜駅に行き列車に乗る時間の余裕に不安を持った私は、同じ年ごろの女性に、何処へどうやっていくのか尋ねました。八幡浜駅へタクシーで行くとのこと。割り勘で便乗させてもらいました。

その女性は102歳で2年前に義母を見送ったのだとか。自宅が別府方面にあり、愛媛県の義母の家を往復しているとか。十分尽くしたと言っていました。

八幡浜から宇和島までの列車の中で、宇和島に入院している夫を迎えに行くのだという女性に会いました。腎臓が悪く、良い先生を求めて東京から来たのだとか。後で友達にきくと、宇和島には全国的に有名な腎臓専門の先生がいると言っていました。

タグ

2019年2月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

別府港

別府港の写真です。

ホテルの浴場から船が見えたので、港は近いと思って歩くことにしました。

別府港9時45分発八幡浜港行きの船に乗る予定だったので、ホテルを9時前に出発しました。別府港に着いたのは9時10分でした。

赤い服を着て、帽子をかぶり、マスクをして、眼鏡をかければ、年はわかりません。若い男性の一群が挨拶をしてくれました。

20年前の事、私が主催して母親のいとこ会を別府でしたことがあります。毎年10名くらい集まっていました。その年は妹の久枝も参加していました。いとこ会が終わって、私は熊本の孫に会いに行く予定にしていました。

そのころ、誰かが留守に私の家に入っているような気がして不安を持っていました。その不安のため妹に先に帰ることを強いたことがあります。

その妹は子宮がんが原因で62歳で死にました。

歩きながら、そんなことを思い出し、何だか母や妹の屍を踏み越えて、今生きているような気がして、母さんごめん!ヒーコさんごめん!と声に出して唱えながら歩きました。

しかし、別府港に着いた時には、ケロリと忘れていました。

タグ

2019年2月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

友達

久留米から別府までは、JR久大本線を通りました。写真はその列車の中から撮りました。

久留米12時57分発の列車を予定していました。診察が早く終わったので、JR久留米駅まで歩こうと着いた駅は西鉄久留米駅でした。そこからバスに乗って11時過ぎに駅に着きました。1便早い列車は、10時57分発で行った後でした。

良く晴れた暖かい日でしたが、どこへ行くあてもなく駅で待ちました。駅の待合室で話しかけた女性の息子は徳大を卒業して、地元に帰っているとのこと。徳島へ、よく行ったと言っていました。

湯布院では大勢の中国人が降りました。

別府駅に着くとホテルの車が待っていました。ヤクルトのホテルだと友達に聞きました。

ホテルに着くと、割り勘で夕食を一緒に食べる約束をしていた友達に電話しました。

その友達とは、4年前、熊本のホテルで朝食を食べていた時、私は一人、3人の女性がおしゃべりしていたので話しかけました。そのうちの1人が、この人はすごいんだから、と紹介され電話番号を交換しました。今年の年賀状に別府に来てくださいと書いてあったので、本当に行ったというわけです。

ぎっくり腰になって、午前中の水泳教室も休んだというのに来てくれました。

タグ

2019年2月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

温熱療法

写真は一番街総合診療所の遠景です。金と暇のある人やガンの不安のある人は、検査の前に一度行ってみても悪くないと思います。

沖縄からユーチューブを見て来たと言う人もいたし、講演会で知って来たと言う人もいました。

1回や2回では治らないようです。1クールが何回と言っていたか忘れました。

せっかく来たのだからと、私は1月28日の午後と1月29日の午前に受けました。

1回目は先生がついて説明してくれたのですが、2回目は好きにせよという感じでした。眼鏡を付けるのも服を脱ぐのも忘れていました。

1回目は主に腹を当て、2回目は足を当てました。足に当てても水虫は治らなかった。

タグ

2019年2月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ブログ

このページの先頭へ